特集:日航ジャンボ機墜落事故

 1985年8月12日午後6時56分ごろ、羽田発大阪行き日航123便が群馬県上野村の御巣鷹の尾根に墜落し、乗客乗員520人が死亡、女性4人が重傷を負った。